レーザーケアを行うと、にきびができ難く陥る?

ムダ毛のケアにあたって、長々調べていくって、「埋没頭髪」というのが見つかりました。これは、自分で処理をするときに失敗して、人肌の下に入って仕舞う環境をいいます。しかも、根っこは残っているのですから、露見で伸展を積み重ねるのだから放っておくと大変なことにもなるといわれています。

それを解決する仕方として、クリニックのレーザー手当てがいいことがわかりました。もちろん、埋没した状態にもよりますし、レーザー手当ては出力が強いので、痛みの面でも当惑との所見がありますが・・・

レーザー手当てを行う結果、ムダ毛が生えなくなるのが期待できます。しかも、お肌がきめ細かくなるので、にきびができづらく達する可能性があることもわかりました。ムダ毛が生えた環境を庭園の雑草に例えるとわかりやすいですが、ジメジメやるし、降雨が降った後は、滑り易くなってほんま危険ですね。

お肌の場合も同じで、「雑草」を取り除いて、キレイに整地することが大切です。しかし、もうにきびができている場合は、レーザー治療をする結果シミになるかもしれませんので、その点は、クリニックできちんと相談する必要があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です