自分が受け取る「痛手」を「贈与」として出向くために

パパのニオイに関する五感が高まっていますが、皆がいるところに立ち寄るときなど、単に、心配になりますね。仮に、自分の近くに要る人から刺々しい視線を感じたら、皆目自負を失います。

けど、自分の体のニオイに耐える男性が随分いるのにも驚きです。しかも、「年齢臭」・・・必ずいって年齢と共に起きるニオイを気にしているのは、40年齢お代どころか、30歳代のパパもいらっしゃるから・・・

こういう層の男性は、売り買いも隠密も「間もなく」ですね。やはり、独身のパパもいますので、生活を共に始める先方を突き止める大切な時分だ。そういった時分に、自分から積極的に振る舞いできないのはマジ残念ことです。

人柄、「原点」が大切なことは言うもありませんが、断然、「自分のよさ」を知ってもらうためには、最初の障害をクリアする必要があります。そのためには、自分が「減算」に感じていることを「追い風」として出向くことですね。

その第一歩として、体のニオイ戦術は大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です